FC Quen-Ritz チャリ部 アベレージ20km/h 休憩多め

FC Quen-Ritzメンバーである greennight が、自転車メインの日常を綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勝山周遊ダベりライド

IMG_1187.jpg
のっけから、羨ましいパーツの登場です!

ガーミンエッジ800J

こばさんがついにやってしまいました。前々から買おうかなとは聞いていましたが、まさかこんなに早く…羨ましい!

さすが資金力が違います・


さて、今日はこばさんとYu Leeと朝練にいってきました。


朝5時半に家を出発し、6時に勝山大橋に集合です。

IMG_1189.jpg

昨日のライドのこともあり、どこに行こうか相談していると、こばさんが

「おれ、ガーミン買ったわー( ´ ▽ ` )ノ」

との衝撃的な報告。

しかも、ナビ、ケイデンス、心拍計などの機能を搭載し、さらにはタッチパネルで操作性抜群の上位機種!

しばし、ガーミン談義に花が咲きます。その後も昨日の反省や世間話など、マッタリとした時間がながれます。

我に帰って、で、どこいくと。

とりあえず、恐竜博物館をめざすことに。

IMG_1191.jpg
こばさんのTREK(GERMIN搭載)、かっこよすぎます。


勝山駅から登りメインの恐竜博物館への道。

チーム レオパード トレックごっこが発動しました!

IMG_1192.jpg
うちのシュレック兄弟です。

この恐竜博物館でも、かなり長い間おしゃべりしていました。

思い腰をあげ、暮見の信号から、トンネル抜けてのダウンヒルコースを選択。

IMG_1193.jpg
法恩寺山有料道路。今日はやめときましょう。


IMG_1194.jpg
トンネル抜けて水分補給。

Yu Leeはここから先の登り方面へ向かうと思っていたらしく、ここから下りだと伝えると舌打ちで返されました。

本当に体力なくてすみません


ここからは下り基調なので、しゃべりながらゆるゆると進みます。

そしてこばさんの家に到着!

ゼリーや飲み物などたくさん頂いてしまいました。本当にありがとうございます

さらにここでもマッタリとおしゃべりタイム。

IMG_1202.jpg
内水面センター経由で帰路に。

今日は自転車乗ってる時間より、おしゃべりしてる時間の方が断然長かったと思います(笑)いやー、楽しかった!

Yu Leeは今日の夕方、昨日のリベンジで龍双ケ滝に向かうそうです。

まったくタフなやつです。

「龍双ケ滝リベンジだん!」を期待してます!


<本日の結果>

距離:46.8km

時間:1時間50分19秒

AVG:25.4km/h

Max:46.6km/h





スポンサーサイト
  1. 2011/08/14(日) 15:57:45|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一乗滝・龍双ヶ滝ライド 完敗

一乗滝と龍双ヶ滝のダブル滝制覇に挑戦してきました。

午前中の仕事の後にYu Leeと集合。

IMG_1166.jpg

一番暑い時間に出発です。


吉野を通ってまずは一乗滝を目指します。

照りつける日差しが体力を消耗していくのを感じます  ←敗因①

水の駅からはYu Leeに牽いてもらいますが、またとばすとばす・・・

それならばとこちらも応じます。  ←敗因②

熱いデットヒートの末、一乗滝に到着。

IMG_1171.jpg
人多杉!!

涼を楽しむのもそこそこに、一乗滝を出発。

美山の旧道から池田方面へと走ります。

IMG_1178.jpg
市波の自販機で休憩。

コーラ(赤)って、こんなにウマかったっけ?

このあたりから徐々に足が重たーくなっていきます。

暑さもあって、すぐ横の足羽川に何度飛び込もうと思ったことか・・・

IMG_1179.jpg
下味見郵便局のあたりでアイス休憩。

ここから左に曲がって、龍双ヶ滝を目指します。

集落の中を走っているうちは、まだクルクルと足を回せましたが、本格的な山に入ると足が思うように動きません・・・

さらにセミの声が体感温度を上昇させます。

ゼイゼイはあはあで、ついに・・・

IMG_1180.jpg
龍双ヶ滝に到着!この滝は感動的です!!来る価値あります!!


IMG_1181.jpg
小さな虹が見えます!


IMG_1185.jpg
きれいな景色をみていると力がわいてくる気がします。(←結果的にそんなことはなかった)


・・ていうか、ここは頂上ではありません。(気持ち的にはあとは下るだけ)

ここから大野・宝慶寺方面へはさらに登りをこなさなければなりません。

ここからが本当の試練の始まりでした。


もうヘロヘロのくったくたで足が回りません

しかも行けども行けども、坂道ばかりです。

さらに、ブンブンと10~20匹のアブが体のまわりを飛び回り精神的ダメージと片手運転を強いられます。


そして・・・

「あぁぁぁぁぁ、もういいわ!」

と、山道自転車途中下車。


ロードバイク人生で初めての屈辱的な足つき!!

見栄も意地も、坂道とアブの前ではあったもんじゃありません。

涙目になりながら、アブにたかられながら、汗をまきちらしながらなんとか分水嶺までたどりつきました。

IMG_1186.jpg

周りを見渡すと、「こ、こんなに登ってきたんか・・・・」


今日は完全に敗北です。

Yu Leeは敗北したにもかかわらず、

「アブがいなかったら余裕っすね!」

と豪語していました。おぉ!さすがうちの山岳のエースです。本当に頼りになります。


<本日の結果>

距離:71.1km

時間:3時間17分33秒

AVG:21.6km/h

Max:54.0km/h




テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/08/14(日) 10:19:00|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。