FC Quen-Ritz チャリ部 アベレージ20km/h 休憩多め

FC Quen-Ritzメンバーである greennight が、自転車メインの日常を綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Sさんと筋トレライド

Sさんと思いがけず走る機会に恵まれました!ご指導よろしくお願いします。


夕方4時過ぎに出発。Sさんの指導のもと永平寺を目指します。

サイクリングロードからありがたいSさんの牽き。もう、ついていくのがやっとです。

途中、会話をしますがSさんは息が切れていません。僕は息も絶え絶え、自分の気持ちの半分もしゃべれていませんでした。

橋を渡ってからの微登りでも、笑顔で話しかけていただきますが、そんな余裕はありません…。

416をくぐる信号で赤信号のためストップ。

「疲れますね、ゆっくりいきましょうか。」
と、Sさんから有難いお言葉を頂きます。

しかし、知っているんです。決してそんなことはないと…。

ちなみにSさんは息はきれていません。

ここからの登り、やはりハイペースでした(当社比)。


登りの区間ではなんとか食らいつきますが、その後の平坦、くだりで離されてしまいます。

登りで如何に乳酸が産生されていて、それを消化するためにペースが上がらないか…。

登りで乳酸産生→平坦、下りで消化のためペース上がらず→食らいつくため登りでさらに乳酸産生という悪循環。


ただ、一人では決してここまで追い込むことはできないと思います。

短時間のライドということもプラス材料となり、なんとか最後まで食らいつくことができました。



とりあえず休憩。

時間と相談で、ぼくは参門経由で帰路、Sさんは有料道路トンネルまで行かれるということでした。


信号でお別れをし、ここからの登りをダンシング縛りでやっつけます。

ダンシングはやはり上半身の筋力がカギですね。これをものにできたら山のこなし方も少しは変わってくることでしょう。


今年初のロードバイクで永平寺。


その後の下り、ぽたぽた行こうかと思いますが、思いがけず向かい風。
下りでこんなに苦労するとは思いもしませんでした。
サイクリングロード?悲惨でした。


ということで、1時間足らずの筋トレライド、ありがたく撃沈できました。

また、ご指導よろしくお願いいたします!!



<本日の結果>

距離:23.72km

時間:0時間57分58秒

AVG:24.6km/h

Max:44.3km/h






<追記>
金曜日のフットサルなのか、このライドなのか、日曜日は筋肉痛のため、立ち座りもままならず…。

スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/04/14(土) 23:29:45|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。